1. ホーム
  2. 自律神経失調症の症状と予防改善法
  3. ≫食欲不振を治す

食欲不振を治す

不安やストレスがつのると食欲が無くなります。無理に食べようとすると吐き気がして更に食欲がうせたり。こんなときはまずストレス解消にためにリフレッシュをしたいものです。

不安や緊張などの精神的ストレスは大脳皮質⇒大脳辺縁系⇒視床下部へと刺激が伝わり食欲が抑えられます。この刺激は更に交感神経を緊張させて胃腸の働きや消化液の分泌も抑えてしまいます。

胃弱体質には脾兪(ひゆ)と胃兪(いゆ)を刺激 Edit

脾兪(ひゆ)は背中の第11胸椎のでっぱりの下から左右両側へ2指幅分のところ。胃兪(いゆ)は脾兪からでっぱりひとつ分下がったところ。
押し方は布団の上に仰向けになり、固めの枕を脾兪と胃兪の所にあて、背中をそらします。(こぶしを当てて背中をそらすのも良いでしょう)

中睆(ちゅうかん)をトントンして胃もたれを即効解消 Edit

中睆(ちゅうかん)のツボの位置は、へそとみぞおちの真ん中。
押し方は胃もたれで食欲のない時には、この消化吸収を助けるツボを刺激します。



スポンサーリンク

 

こんな焼うどんはいかがでしょう Edit

オレンジ色は食欲を出す色 Edit

食欲の無い時には、見た目に美味しそうに見えるオレンジ色をメインにしたテーブルセッティングはどうでしょうか。

オレンジ系の色は、自律神経を刺激して消化作用を促進し、空腹感をもたらします。テーブルクロスや食器、ランチョンマットでコーディネイトするのも良いでしょう。

レタスやトマト、オレンジにはホウレンソウなど料理の色にメリハリをつけて食欲を増進しましょう。

香りと食欲 Edit

香りの強いハーブは食欲を誘ってくれます。料理に使ってみるのもいいですね。身近にあるものとして、ショウガ。吐き気を抑え食欲を高めてくれます。パセリも食欲増進に効果があります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。