1. ホーム
  2. 自律神経失調症の症状と予防改善法
  3. ≫のぼせやほてりを治す

のぼせやほてりを治す

普段から怒ってもいないのに、顔から上だけが火照って、手足だけが冷たいのが「のぼせ」の特徴です。

鼻をどこかに打ったわけでもないのに、鼻血がでたりする。これは血液循環をコントロールする自律神経のバランスが崩れて起こる症状の一つです。

足三里と三陰交のツボでのぼせがスッキリと解消する Edit

足三里は向う脛のすぐ外側膝のくぼみから下へ3指幅分、三陰交は足の内くるぶしから3指幅分上の所。

押し方やマッサージ:マッサージは足を拡げてまたの付け根から膝まで行います。筋肉に沿って行い、症状の重い人は指圧が適しています。

↓三陰交の場所は次の動画の説明がとってもわかりやすいです。↓

首をゆっくりと回して顔の火照りをとる Edit

頭や顔に血液が集中しているため、ゆっくりと大きく首を回して肩の凝り固まった筋肉をほぐします。

①椅子に座って、体の力を抜いて軽く目をつぶる
②首を意識して大きくゆっくり、元に戻るのに10秒ぐらいかけて回す
③1回回して正面に戻ったら、首を下げて首の力を抜いて10秒静止する。
④右回り5回、左回り5回繰り返しましょう。

こんなのもあります。

エアコンによる冷やし過ぎに注意 Edit

低体温は平熱が35℃台の体温を意味します。低体温の人は体を冷やし過ぎたり、筋肉が痩せていて熱を作りにくかったりと色々ですが、血液循環が滞っているため、冷え症となります。

顔の火照りやのぼせ、顔汗が凄い方は低体温で冷え症であるといえます。特に女性は体を冷やさない事が大切なので、足元から温める生活が大事です。

エアコンで部屋を冷やす時には一枚上着を着て、腰から下にもひざ掛けなどろ利用します。

のぼせ解消耳ツボ Edit

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。